×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

Lesson01 SGL2Dとはなにか



まず、仕様をみてください。これだけの事ができます。



<描画機能>

・ウィンドゥ/フルスクリーンの選択(初期化時のみ)
・画面消去
・画面消去色指定
・ダブルバッファ切り替え
・文字列描画
・FPS取得
・描画領域指定
・直線/矩形描画
・ビットマップファイル読み込み(ブロック化可)
・ビットマップリソース読み込み(ブロック化可)
・ビットマップ描画
・透過ビットマップ描画
・ビットマップ回転/拡縮描画
・透過ビットマップ回転/拡縮描画
・ビットマップ変形描画
・透過ビットマップ変形描画
・アルファブレンド/加算ブレンド
<入力機能>
・キーボード入力/マウス入力
・ジョイスティック(ジョイパッド)入力(幾つでも可)
・マウス座標取得
<音声機能>
Waveファイル読み込み
Waveリソース読み込み
Wave再生/停止
・音量設定
・現在再生中かどうかの取得



こうやって一覧にすると多機能すぎて初心者の方はやる気をなくしてしまうかもしれません。

しかし、よくみると機能自体はそれほど多くないんです。

ビットマップに注目すると読み込みと表示だけで全体の半分もあります。

初心者用といえどゲームに必要な最低限のバリエーションはそろっているということです。

とりあえず簡単なゲームを作りたいなら必要な命令は10個以下です。

ね?とてもシンプルにまとまっているのがわかるでしょう。

SGL2DSimple Game Libray 2D(シンプルなゲームライブラリ)の名前のとおりとてもシンプルなんです。



SGL2Dは初心者にとって難しいウィンドウズのメッセージループやWin32APIDirectXを隠してくれます。

だから本来の目的であるゲームプログラミング、アルゴリズムの部分に注力することができるのです。